2017/06/10長谷川 義一

耐震改修補強

こんにちは 住工房の一級建築士、長谷川です。
ここのところ、30度越えの暑さで現場は大変でした。
皆さんも体調の方は大丈夫ですか?
水分をしっかりと摂って乗り切りましょう!!

そう 現場と言えば
耐震改修補強工事が着工しました。
物入れの撤去の様子
現況の物入れを解体開始です。
今回の工事では、耐震補強のために構造壁を作ります。
物入れを撤去したところ
床梁と小屋梁に構造用合板を取付け、一体化した構造壁にするため、床・壁・天井を解体しました。
物入れを撤去すると、こんな風になっています。

既存の床・天井を残して補強する方法もありますが、
補強の強さに違いがあるので建物ごとに選択を行います。
耐震補強 仕口金物の取付の様子1 耐震補強 仕口金物の取付の様子2
構造合板を設置する前に、床梁と柱・小屋梁と柱に耐震認定の仕口金物を設置します。

そして構造合板を設置します。
耐震補強 構造合板の設置風景
この後仕上げ材で仕上げれば、この箇所は完了です。
家の何箇所かにこの工事を施し、家全体の強度をあげていきます。

耐震改修補強で「安心・安全な暮らし」を!!

◆このブログを書いた一級建築士・長谷川が行う「築35年未満の自宅を持つ人が知っておきたい『耐震』勉強会」の情報はこちらをクリック!
◆耐震診断の内容について知りたい方はこちらをクリックして《一級建築士が耐震診断で探すものブログ》をご覧ください。
◆耐震診断の報告書について知りたい方はこちらをクリックして《耐震診断報告書のブログ》をご覧ください。

pagetop