2017/05/28長谷川 義一

一級建築士が耐震診断で探すもの

こんにちは、一級建築士の長谷川です。

先日は、5月なのに30度を超える夏日がありましたね。
週末もお天気が良く、7月8月になったら、何度になるのかと心配です…^^;

そんな時に東郷町の耐震診断が始まり、
現場調査に行ってきました
やはり、小屋裏はサウナ状態。
部屋に降りてきたらエアコンが入ったぐらい涼しく感じました!

最初は【床下の調査】をします。
こちらの和室の畳を上げます
和室の畳を上げて床下を確認します。
床下の写真。床束石と根絡み材。
床下をのぞくと、家の荷重を支えている床束石(ゆかつかいし)や根絡み材(ねがらみざい)が見えます。
束石に割れがないか、土台が浮いていないか、根絡み材の有無、しっかりと留まっているかなどを、確認します。
床下の様子。火打土台。
床の水平の歪みに対処する火打土台(ひうちどだい)材の有無も確認します。
写真の真ん中、斜めに渡してある材料が火打です。

次は、【小屋裏の調査】です。
押入れの上段から天井裏に上がります。
天井裏へは、押入の上段の天袋から上がります。
体形がスリムでないと…….大変です(汗汗
小屋裏の様子。雲筋交いが見えます。
小屋束の雲筋交い(くもすじかい)も確認します。揺れがあった際に屋根面の歪みを抑える役割の材です。
小屋裏の火打梁材の様子。
小屋の火打梁材を確認します。床下同様に、水平の歪みに対処するためのもの。

屋根裏からは、壁内に設置されている筋交い(すじかい)の有無を確認します。
これが最も重要です!
%e7%ad%8b%e4%ba%a4%e3%81%84
数か所の筋交いの確認で、建物全体に筋交いが入っているか、大まかな判断ができます。
このように正確な診断に成る様、汗をかいて見つけています。

◆このブログを書いた一級建築士・長谷川が行う「築35年未満の自宅を持つ人が知っておきたい『耐震』勉強会」の情報はこちらをクリック!

pagetop