2016/12/12岩見 雄大

冬場の節電対策

こんにちわ!住工房の岩見です
今年も残すところ3週間程となりましたね。
この地域も本格的に寒くなってきて、今日はマイナス気温にまでなってましたね。
体調には十分気を気を付けたいものです。
さて寒い日だとお部屋の中で暖房器具を使うかと思いますが、
そこで気になるのが電気代ですよね
どうしても冬場は高くつきがちですが、ちょっとした配慮をすることで節電効果を生むことができます。
例えば暖房器具の得手不得手を考え、リビングなどの広い空間ではエアコンを用いて
空気を循環させ長く温め続ける。
帰ってすぐに温まりたいというときは、ピンポイントで暖めてくれる電気ストーブなどを用いる
など暖房を使い分けることで効率よく、暖房器具を使うことができます。
また、よく言われることではありますがスイッチのON/OFFはこまめにしない方が良いです
節電しているように見えますが、多くの暖房器具は稼働時に一番電気代がかかってきます。
節電を思って何度もON/OFFしてると無駄に電気代がかかってしますので、その場合は
継続して運転させておく方が得ですよ。
まだ暖房器具を使うというだけでなく、既存の窓に内窓を取付けて断熱性を高める方法もあります。

外窓+インプラス

出典:LIXIL HP
他にも、冬場の節電対策や寒さ対策の方法は色々ありますので、気になる方はお気軽にお問合せ下さい。
最適な方法をご提案させていただきますよ。
まだまだ寒い日は続いていきますので、暖かくて快適なお部屋で過ごしていきたいものですね。

pagetop