2017/02/03岩見 雄大

内装(クロス)のメンテナンスについて

こんにちは!住工房の岩見です。
今年に入って早くも一か月が過ぎましたね。
この時期になりインフルエンザの大流行もはじまってますので体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

さて、今回は工事のご依頼を受けることも多いお部屋の壁紙=クロスについてお話しします。

クロスを使用したお部屋の写真

クロスの工事をされるとき皆さんが気にされる項目として、お手入れ方法というのがあります。
見た目からして、すぐに破れそう・シミになりそうと思われる方も多いのではないでしょうか。
そんな時にメンテナンスの方法を知っていると役立ちますよね。
その方法について、いくつかご紹介します。

●ビニル壁紙…壁紙の中でもお手入れがしやすいクロスですので、水拭きや中性洗剤で落とすことが可能です。
水拭きした後は乾拭きを忘れずにしてくださいね。

●紙壁紙…ビニル壁紙よりもキズや擦れに弱く、水を吸い込みやすいという欠点があります。
なので汚れが付いたときは、乾いた布やティッシュで軽くポンポンと叩くように拭いてください。

●織物壁紙(布クロス)…織物壁紙の場合は水拭きは出来ません。
ホコリははたきで取り、乾いた布でポンポン叩くようにして拭いてください。

ただ、どのようなクロスでも汚れが付いたりしたときはすぐにふき取ることが長くきれいに
保つ上では非常に大切になってきます。
リフォームを行う時はこうしたメンテナンス方法も同時に知る良い機会となります。
何か気になることがお気軽にお問合せくださいね。

クロスサンプルの写真

ビニルクロスだけでもこれだけ多くの壁紙があります!

pagetop