こだわりの「提案力」

お客様の想いを大切にしたいから

私たち住工房がリフォームのご提案をするうえで1番大切にしていること、それはお客様の”想い”です。
そもそも私たちがリフォームするのは、住まいというカタチだけではなく、お客様の”暮らしかた”である、というのが基本姿勢です。
ですから、まずはお客様の”想い”をめいっぱいお聞かせください。
今まではどんな”暮らしかた”をしていたのか、これからはどんな風に暮らしていきたいのか、
あんな雰囲気のリビングがいいな、せっかくだから素敵なキッチンにしたい、などなど。
とにかくいろんな”暮らしかた”への”想い”をぶつけて欲しいと思っています。
そうしたお客様の”想い”を叶えるべく、私たちはとことん考え、話し合い、納得のいくご提案をさせていただきます。
そのために私たちがこだわること、それは「住空間を通してお客様の幸せな暮らしを追求すること」なのです。

CASE STUDY 01

見て、触れて、感じて。 住空間のショールームで住空間を体感してください。

提案力イメージをカタチに、「どんな暮らしがしたいですか?」という私たちの問いかけに、なかなかひと言では答えにくいと思います。住工房は体感型ショールームになっています。まずは見て、触って、実際の空間を感じていただけます。
お客様の想いはもちろん、潜在的なご要望を明確にしていくために、施工例写真や3Dパース、雑誌などを使い、よりイメージしやすいような資料をご用意しております。何度も打ち合わせをして納得のいくまでお話しする、この時間を私たちは大切にしています。

CASE STUDY 02

お客様の“想い”をカタチに。それが私たちの使命です。

お客様からお聞きした“想い”を大切にしつつ、新たなアイディアを交えながら具体的なカタチにし提案すること・・・それが私たちの最大の使命です。お客様の“想い”が様々であるように、それに対する答えも一つではありません。そのため社員みんなで意見を出し合い、分からないことがあれば徹底的に調べて、小さなことでもこだわりを忘れません。 オーダー家具の提案では使い勝手はもちろんのこと、収納するモノに応じて1ミリ単位で設計していきます。また仕上げの一つとってもフローリングやタイルなど片っ端からサンプルを取り寄せ納得したモノだけを提案します。さらにお客様によりイメージしてもらいやすいよう3Dパースを使ったり、プレゼンボードを作成したりと魅せる工夫もしています。こうしてこだわりの提案ができ上がるのです。

提案力

CASE STUDY 03

お客様と住工房との“共作”だからこそ、
こだわりの快適な住空間が生まれます。

お客様と私たち住工房との“共作”とも言えるこだわりの住空間は実際にお客様が生活されてこそのモノだと思います。工事終了後にお伺いさせて頂いた時に実際の生活風景を垣間見ることができ、提案を超える“暮らしかた”の変化がみられることがあります。

例えば…
□対面式のキッチンがあるLDKにしたことで、以前は台所に立つことの無かったご主人が  ・・ ・料理本片手に料理に奮闘されていた。
□LDKの一角に設けたオープンなパソコンスペースをお兄ちゃんが独占使用
 ・・・ですが、それぞれの時間を過ごしながらも常に家族の気配を感じることができ安心する。
□おしゃれが大好きなご家族、玄関には溢れんばかりの靴。
 ・・・オーダー家具の玄関収納を作ったことにより、全てスッキリ収めることができ、
  人をお招きしたい玄関になった。

などなど、些細なことかもしれませんがお客様の生活に良い変化があり、
私たちの”喜び”となっております。 

提案力