2017/08/08小松原 一浩

羽目板貼りのリフォーム工事|東郷町

こんにちは 施工管理の小松原です。

リフォームに至るきっかけは様々ですが、
こうなってしまうと直さざるを得ません。
穴が開いてしまったクロス壁
クロス貼りの壁に穴が開いたら・・・
穴を埋めて、再度クロスを貼るという修繕の方法もありますが、
新旧のクロスで、日焼け具合や汚れが違ってしまい、色の差が出て
貼り替えたところが目立ってしまうことがあります。

なので、今回はこの壊れてしまった壁をアクセント壁としてプチリフォーム!
折角の機会なので、木のぬくもりを感じる壁にしてしまいましょう!とご提案しました。

穴の開いた面を合板下地に張り替えて、
レッドシダーの羽目板貼りにしました。
貼っている途中の写真です。下まで張り終えたらオイルワックス仕上げをします。
穴の開いた壁をレッドシダー羽目板貼りにプチリフォーム
レッドシダーは、木目の美しい針葉樹。
加工後の「狂い」や「割れ」がほとんどなく、重量が軽く、やわらかな風合いがあります。
細孔性の構造をもつため、断熱性と吸音性があるので内装パネル材にはぴったりです!

壁に穴が・・・というマイナスからのスタートでも、
このようにリフォーム工事の内容を工夫すれば、
以前よりも素敵なお部屋にすることもできますよ!

pagetop