2017/08/05小松原 一浩

台風と雨漏り改修工事(谷樋取替)|東郷町

こんばんは 施工管理の小松原です。
毎日暑い日が続きますが、今も台風が接近しつつあり、
住まいに関しても、雨風に関して心配ごとが増える時期です。

今日は、よくある雨漏りと改修の事例をひとつご紹介します。
2階の押入れの中に大量の雨漏りが発生したので、見てほしいとお問い合わせをいただきました。
大量の雨漏り 愛知県愛知郡東郷町
まずは押入れの真上の屋根に登ってみます。。。
屋根の形状が、いかにも雨漏れしそうな収まりになっています。
雨漏れ工事 いかにも雨漏りしそうな形状 愛知県愛知郡東郷町
このままでは場所が特定できないので、瓦を一部めくってみました。
屋根と壁の間に谷樋(銅版製)があるのですが、
そこに小さな穴を発見しました!
愛知県愛知郡東郷町 雨漏れ工事 谷樋の中に穴が
年数が経つと、常時雨滴が落ちるところから腐食して
銅版が薄くなり、やがて穴が開きます。
とりあえず応急処置をして雨漏りを止めます。
雨漏れ まずは応急処置の補修 愛知県愛知郡東郷町
現状についてお客様とお話しし、今後のことも考慮して、谷樋全体を交換することにしました。
ここからはその工事の様子です。上の瓦を一時撤去して交換します。
谷樋取替工事の様子 愛知県愛知郡東郷町
今度は腐食しにくいガルバ二ウム鋼板を使用します。
さらに、瓦から大量の雨水が流れ込んでも
水が溢れにくい形状へ改良しました。
新たな谷樋 雨が漏れにくい形状の樋に変更 愛知県愛知郡東郷町
瓦を元通りに戻して完成です!
雨漏り工事が完了した様子 愛知県愛知郡東郷町
雨漏りを長く放置しておくのは、最もNGです!
木部が常に湿った状態になり、構造柱が腐ったり、シロアリが来たりして建物が弱ってしまいます。
家の寿命にもかかわってきますので、早めの応急処置と根本の改善が大切です!

pagetop