2017/07/05上田 邦雄

ベランダの梁を補強|みよし市

こんにちは住工房の上田(あげた)です。
私が担当している、リノベーション物件の進行状況をお伝えいたします。

現在、みよし市にて2階ベランダ増築部の作業を進めています。
お子さんが増え、家族構成が変わったので2階にウォークインクローゼットとトイレをつくる事になり、
ベランダの部分にお部屋を増築します。
増築イラスト

ベランダを支えている梁材が、新しい壁や屋根の荷重を支えられるように補強をします。
ベランダの床を開口したところは、こんな様子です。手前の材料はベランダ床の根太、奥に見えているのが目的の「梁」です。
ベランダの梁 開口した様子
支えとなる梁材の補強になる木材を2本、入れました。
ベランダの梁を補強1 ベランダの梁を補強2
梁の補強材を入れるためにカットした根太は、継いだり、入れ替えをします。

増築や壁を取り払う工事で、梁の荷重が増えるときには
このように補強をするときもあれば、梁自体を太いものに入れ替えるときもあります。

単純に増築するだけでは、せっかくリノベーションをしても、
家の強度や耐震性が下がってしまうことになりかねません。
社内の一級建築士が設計をして、私達、自社職人が安心・安全な工事を行っていきます!

今月末には、一級建築士による耐震勉強会もあります。家の強度が気になる方は、ぜひご参加を。
こちらをクリック → 《7/29(土)築35年未満の自宅を持つ人が知っておきたい『耐震』勉強会》

pagetop