2017/01/19岩見 雄大

畳のある空間

こんにちわ!住工房の岩見です
先日はこの地域でも雪が降り相当体に応えましたが、昨日今日と割と暖かい日が続いてますね。
ですが、また週末頃ごろ急に寒くなるといってますので、体には十分気を付けてくださいね!
さて、今回は畳についてご紹介します。
畳といえば一般的には下の写真のようなものをイメージするのではないでしょうか?

縁のある普通のタタミ

日本古来の床材として昔から多くの人が慣れ親しんでいるかと思います。
また上の写真のような畳はイグサを編みこんで作られているものであり、その独特な匂いに
私なんかは落ち着きを感じています。
上のようなものは1帖畳ですが、他にも半帖の畳を用いることもあります。
こちらを琉球畳といいます。

縁なし・半畳の琉球タタミ

半畳でヘリがないものが一般的となっていて、普通の畳と比べると圧迫感はほとんど感じないです。
またオシャレでモダンな雰囲気を演出してくれるので、洋室しかないお部屋などに和の空間を
作りたいという時などに用いると、洋室の空間は崩すことなく調和を図ることが出来ます。
特にマンションなどだと多くがLDKの作りをしており、その横に和室が続くという間取りが多いですので、
もし畳を変えたいと考える際には、琉球畳のようなものを選択に入れてみてはどうでしょうか?
住工房でも畳の工事の依頼もお受けしておりますので、気になる方は
お気軽にお問い合わせください。

pagetop